我慢ばかりしていてはダメです

私が10年程前に働いていた会社での事をお話しします。当時合併により、経理にいた私は30代半ばの女性と出会う事になりました。

外見も派手ではなく、大人しい感じの方で初対面の印象は悪くなかったです。

しかし、合併して業務を一本化するまでの細々とした作業が始まると、徐々に根性の悪いところが垣間見れるようになりました。

例えば経理だったので、別々にある現金を合わせる時に各種伝票類や元帳を確認しないと帳簿が実際の金額と合いません。

すべて提出すべきなのに、一部隠していたのです。必死に合わせている私の姿を知っているし、見かけているにも関わらず知らん顔。

元々他社の書類が抜けていることなんて気づくこともなく、数時間経過後わざとらしく、忘れててと持ってきたのです。

もちろん腹も立ち文句も言いたかったですが、ここはグッと我慢しました。それからも、肝心なところを伝えないなど意地の悪い態度は続き、人間関係は最悪な状態になりました。

このような状態では仕事もうまく進まないので、上司にも相談しましたが、当時キャリアの長い女性にピシッと言ってくれる人がおらず、ますますストレスがたまりました。

そこで私が思った事は、周りの力を待つよりも、自分でやってみようとスキルアップを実行しました。

その女性よりも、早くて正確に仕事をこなしてやるぞの一心で、黙々と仕事をこなし先月よりもよい結果をと、資料を見やすく伝票入力のスピードも上げて行くと徐々に周りの態度が変わり始めました。

わからない事も自分で調べ解決すると、知識は自分の価値もあげてくれるようになり気がつくとその女性より多くの仕事を任されるようになりました。

その後の異動でその女性は営業に配属が決まり退職しました。

現在働いている方で、職場の人間関係でお悩みの方も多いと思いますが、まず相談できる同僚・上司がいたら相談することもいいと思います。

人に話す事で、スッキリすることもあります。女性はどこか嫉妬ぶかくやりづらい所もあると思います。

他人の方が良いふうに見え嫉妬から意地悪をされる事も考えられます。そのような場合は、あまり目立たないような大人しめに行動した方がよいと思います。

いずれにせよ、我慢ばかりしていたら体を壊しかねないので何か対処することをおすすめします。

Copyright (c) 2016 人間関係で辞めたいときの対処法 All rights reserved.

メニュー