勇気を出して社内で相談できる人に話してみることです

私は、ある会社で正社員として8年間、接客、販売の仕事をしていました。

その会社には中途採用で入社したのですが、入社当初から店長との人間関係に悩んでいました。

店長は普段はもの静かで見た目も柔らかい雰囲気の優しそうな方なのですが、仕事で誰かがミスをすると、たちまち機嫌が悪くなり、本人に直接的な指導をせず、他の人に愚痴ったり、ものに荒く当たったり、時には無視をしたりと気性が激しい一面がありました。

入社当初の私は店長の様子に怯えっぱなしだったのですが、以前から働いている方々から、時間が経てば治るから気にしないでいいと言われ、ストレスに感じながらも店長の機嫌の悪い時には近づかないようにしていました。

しかし、私はどうしてもその事が我慢できず、店長の顔色を伺いながら仕事をする毎日に耐えられなくなり、とうとう店長の前で泣いてしまったのです。

店長は、びっくりした様子で2人で話をすることになりました。

その時に、店長の機嫌の悪い時の様子に耐えられないこと、その事で精神的に追い詰められている事を全て正直に話しました。

それを聞いた店長は、申し訳なかったと言い、それから数日は店長があからさまな態度を出すこともなく、正直に話して良かったと思っていました。

しかし、また1ヶ月も経つと店長は相変わらず元に戻り私の顔を見ると舌打ちをするようになりました。

私は、会社を辞める覚悟の上で、本社の人事部に相談することを決めました。

人事部の方に全て話終えると、店長のことでの相談は私だけじゃなかったことがわかりました。

過去にも同じ内容で、別の社員から相談があり店長には厳重注意が入っていたそうです。

そして、店長は今回のような出来事が2度目だということで、事実確認に人事部の方が来てくださり店長が認めたということで店長降格と、他店舗への異動になりました。

店長からは、本当にすまなかったとお詫びの言葉も頂きました。

仕事での、特に上司との人間関係に悩まされている方はたくさんいると思います。

上司の顔色を伺い、怯えながら私も仕事をしていました。何度も退職しようと考えました。

しかし、まずは本人に勇気を出して話をすること、会社内で相談できる人や窓口に話をしてみる事が1番大切です。

時には、自分が間違っていることに気づかされることもあるかも知れません。つらい時こそ、勇気を出して誰かに相談してください。

きっとそこから道が開けていくと思います。

Copyright (c) 2016 人間関係で辞めたいときの対処法 All rights reserved.

メニュー