退職をするということも正しい決断です

私が人間関係で悩んでいたのは、女性ばかりの職場であったので、噂話が多いということです。その時、その職場では2つに分かれていました。

だいたい女性ばかりの職場であると、そのようなことがあると聞いたことがありますが、まさにその職場も二つのグループになっていたのです。

そのため、そのグループでない人の上げ足を取るようなことをしたり、噂話をする事を耳にしていました。

そして私はいつも中立の立場にいたのです。ところが中立の立場にいると、少し浮いた存在となります。その結果、話ことが少なくなり、自然と職場の中で話す事をしなくなりました。

どちらかのグループに入れば良かったと思いますが、そのような噂話をすることが基本的に嫌いなので、入ることもしませんでした。その結果、職場の中に居づらくなったのです。

休憩中に楽しいと思うことがなくなり、そのために職場に行くことが辛くなりました。そしてその職場では働くことができないと思い、退職をすることにしました。

その退職をする時には、とても悩みました。せっかくはいったところなので、退職をすることもないと思ったのです。

しかし、楽しいと感じることが大切と思っているので、退職をしたことが良かったと思っています。

次の職場では、そのような嫌なことはありませんでした。そのため、お給料はグッと少なくなりましたが退職をした事を後悔していません。

人間関係と言うと、様々な悩みがあると想像します。その時、自分が辛い、楽しく働くことができないと思った時、退職をすることも一つの方法と感じます。

仕事というのは、人間関係を乗り越えることが必要です。しかし、どのように努力をしてもそのことを無理と感じることもあるのです。

そんな時には、仕事を楽しいと思えるところに異動希望を出す、それができない場合は退職をするということも正しい決断であると感じます。

思いつめてしまう前に、そのこともありという考えを持って欲しいです。

Copyright (c) 2016 人間関係で辞めたいときの対処法 All rights reserved.

メニュー